(ここから本文。本文を飛ばしてサイト目次へ)

みなとみらい インプラントの ミューズ TOP > インプラントについて > インプラント治療Q&A > 喫煙者でもインプラントは受けられますか?

インプラント治療Q&A

インプラント治療を受けることは出来ますが、喫煙している人は、傷口(※)が治りにくくなります。

※インプラント手術で、インプラントを埋め込むために歯茎を切開する際にできる傷口。



喫煙している人の傷口が治りにくくなる理由

喫煙していない人と、喫煙している人を比べると喫煙している人の傷口の方が明らかに治りにくくなっています。

ニコチンが体内に入る事により細胞が酸素を取り込めなくなり、抵抗力、免疫力が落ちて傷口がつきにくくなるためです。

このように喫煙によりインプラント手術後の傷口が治りにくくなることもありますが、他にも喫煙は口内に下記のような悪影響を及ぼします。



喫煙が歯、歯ぐきに及ぼすデメリット

・歯の着色(ヤニの付着)。
・歯周病になるリスクが高くなる。

喫煙が歯周病のリスクを高くする理由は、喫煙することで、口の中の唾液が減り乾燥することと関係します。唾液は細菌の発育を抑制、殺菌効果があり口の中を清潔に保つ働きがあります。そのため、唾液が減り、口内が乾燥すると、細菌が増え歯周病になるリスクが高くなります。唾液が減る原因は様々ですが、喫煙もその一つの要因と考えられています。



インプラント手術後の注意点

喫煙以外にもインプラントの手術後は、下記の傷口が接着しにくくなる事は控えてください。

・飲酒
・激しい運動

飲酒や激しい運動は、血流が増すため、傷口から出血するリスクがあります。 インプラントの手術は抜歯などと比べて、傷口が大きく出血や腫れるリスクが高くなります。より早く口内状況が安定するためにもインプラント手術後の禁忌事項は守るようにしてください 。

インプラントとは?

インプラント治療の可否について

インプラント治療の費用について

治療内容について

アフターケア、耐用年数について

医院の選び方について

インプラント治療Q&A

▲ページトップへ

(ここからサイト目次。本文へ戻る)

インプラントについて

  • インプラントの基礎知識
  • 他の治療との比較
  • 当クリニックの治療方法
  • インプラント治療の流れ
  • アフターケアと保証について
  • インプラントの症例
  • インプラント治療Q&A
  • 対談 インプラントとCT
  • オンライン予約
  • 無料カウンセリングフォームはこちら

クリニックのご案内

詳細MAP

みなとみらい 桜木町 クイーンズスクエア インプラント治療
ミューズ・デンタルクリニック

〒220-6204
横浜市西区みなとみらい2-3-5
クイーンズタワーC 4F
みなとみらい駅より徒歩1分

http://www.musedental.jp/

院長メッセージ

対談!インプラントとCT

対談!審美歯科

採用情報