(ここから本文。本文を飛ばしてサイト目次へ)

みなとみらい インプラントの ミューズ TOP > インプラントについて > 当クリニックの治療方法

当クリニックの治療方法

インプラントの治療法は“1回法”と“2回法”があります。(ここで言う回数とは、手術をする回数のことです)

1回目の手術はインプラントを埋め込む場所の歯肉を切開しドリルで穴を空け、 そこに人工の歯根となる金属のネジ“フィクスチャー”を埋め込みます。

そしてフィクスチャーにフタをしてそのまま切開した歯肉を縫合して閉じます。

その後フィクスチャーと骨が結合し、オッセオインテグレーションといわれる安定した状態になるまで検査を繰り返しながら放置します。

オッセオインテグレーションの状態と確認できれば2回目の手術に入ります。

2回目は再び歯肉を切開し、フィクスチャーに付いているフタを外して義歯の土台になるアバットメントを取り付けるわけです。

場合によっては、ここで仮歯を取り付けるケースもありますが、歯肉を安定させる為に、本物の義歯を取り付ける事はありません。

1ヶ月ほどアバットメントと歯茎が馴染むのを待って、最終的に本物の義歯を取り付けて2回法の治療は完了です。

第1回目の手術 第2回目の手術

▲ページトップへ

CT撮影(コンピューター・トモグラフィー)

治療前に、あご骨の立体的構造を正確に判断するためにCT撮影をします。

インプラントを埋め込む場所を撮影し、あご骨の断面の形状などを判断します。

人の骨はまっすぐ平らではありません、傾いていたり、でこぼこしていたり、途中が薄くなっていたり、複雑です。

レントゲンでは分からない詳細なあご骨の状態を検査するのです。

骨の高さ・厚み・密度や上顎洞、神経管との位置関係を正確に計測し、次の段階「シュミレーションでの治療プラン作成」のために正確な情報を集めるのです。

シュミレーションでの治療プラン作成〜模型作製

シュミレーションでの治療プラン作成〜模型作製

CTでの撮影データを元に、審美的見地や、お口全体を健康に保つための治療の検討に入ります。

そこで歯型をとって、撮影データを検討しながら治療プランのシュミレーションを行い模型を作製します。

具体的には見た目の問題や、お口全体の健康を考えた時に予見される問題の発見・対処などを考え最良の治療を提案します。

ここでは決して「早い」「痛くない」といった短絡的な要素だけで判断しないことが重要です。

実はこの段階をおろそかにした為に、後々裁判になるケースが多いのです。

そのため当クリニックではシュミレーション〜カウンセリングのプロセスを徹底しています。

▲ページトップへ

インプラント治療のために使用する部品として、ネジや組み立てシステムなどのキットを専門メーカーから購入します。

その材料によって、作りの精度や素材が異なり、インプラントの寿命にも大きく影響します。

たとえば、ネジや組立システムの精度が低いものを使用すると、隙間なくぴったりとはめ込むことができず、かんだ時の力が一か所に集中し、早く壊れてしまうこともあります。

当クリニックでは、世界中で高いシェアを誇り、品質評価で定評のある2ブランド(ノーベルバイオケア社、アルタデント社カムログシステム)のインプラントを採用しています。

ノーベルバイオケア社 エクスターナルコネクション
ノーベルバイオケア社 エクスターナルコネクション

アルタデント社 カムログシステム
アルタデント社 カムログシステム

▲ページトップへ

(ここからサイト目次。本文へ戻る)

インプラントについて

  • インプラントの基礎知識
  • 他の治療との比較
  • 当クリニックの治療方法
  • インプラント治療の流れ
  • アフターケアと保証について
  • インプラントの症例
  • インプラント治療Q&A
  • 対談 インプラントとCT
  • オンライン予約
  • 無料カウンセリングフォームはこちら

クリニックのご案内

詳細MAP

みなとみらい 桜木町 クイーンズスクエア インプラント治療
ミューズ・デンタルクリニック

〒220-6204
横浜市西区みなとみらい2-3-5
クイーンズタワーC 4F
みなとみらい駅より徒歩1分

http://www.musedental.jp/

院長メッセージ

対談!インプラントとCT

対談!審美歯科

採用情報